トップページ >節約方法> 都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスの違い

電気、水道、ガスの公共料金は生活をしていく上で、必須になりますが、
水道、電気はどの地域であってもほとんど基本料金は変わらないですが、
ガスに限っては、「プロパンガス」と「都市ガス」とで、料金がかなり、
違ってきます。

「プロパンガス」と「都市ガス」を比較すると、
どのくらい料金が違ってくるのか?
私の経験上、3倍は違います。

プロパンガスの方が都市ガスと比較をして、「高い」。

同じ使用量でなぜ、こんなにも差が出るのかというくらいに、
プロパンガスは高いです。

そして、プロパンガスは地域によってかなり価格が異なります。
これは、例えるなら、自動販売機のような感じでしょうか。

同じジュースでも100円であったり、120円であったり、
ディスカウントショップで購入をすれば100円を切るような、
ジュースであっても自動販売機では、100円以上します。

つまり、プロパンガスは、業者が価格を自由に設定することができるので、
地域によってかなり価格の差が出てくるのです。

このため、プロパンガスの価格に対する相談窓口があるほどになっています。
悪質な業者ですと料金設定をかなり高くしているようです。

あなたが住む住居がプロパンガスであった場合は、
業者が自由に価格を設定することができるプロパンガスでは、
交渉をすることで、価格を安くすることができる可能性があるので
事前に地域のプロパンガスの相場を把握して、
基本料金と使用料金が相場に見合っているか確認をしましょう。

公共料金は節約をしようと思えばいくらでも節約をすることができます。