トップページ > 節約方法

節約方法

引っ越し費用を節約する方法(その1)

引っ越し費用は、あらかじめ予算を組んでいても、
大抵の場合は、予算以上に掛かってしまうものです。

引っ越し後の生活がありますので、
引っ越し費用は、できる限り節約をしていきたいものです。

そこで、私の経験上、
引っ越し費用を節約する方法をお話致します。

私は、これからお話をする方法で、
引っ越し費用を節約できて、節約をした引越し費用で、
新しい家具の購入をしました。

どんな方法で引っ越し費用を節約したかと申しますと、
楽天カードで引っ越し費用を清算しました。

楽天カードで引っ越し費用を精算することで、
楽天ポイントが貯まり、貯まった楽天ポイントで、
家具を購入しました。

偶然だったのですが、
私が選択をした引っ越し業者(アリさんマーク)では、
当時キャンペーンを行っており、
楽天カードの利用でポイントバックがありました。

不動産会社でも、楽天カードのキャンペーンをやっており、
ポイントバックがありました。

あらかじめ楽天カードを所有していた私は、
偶然だったのですが、引っ越しをすることで、
合計6000ポイントほどを手にすることができました。

楽天カードはCMでもお馴染みになり、
年間費が無料ですので、所有をすることで、
引っ越し費用だけではなく、生活をしていく上で、
お得になるかもしれませんので、所有することをお奨めします。

「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」
楽天カード

電気代の節約方法

引っ越しをする先の住居が、今の住居より大きい住居になれば、
当然、電気、ガス、水道などの費用が今より、高くなる、
可能性が出てきます。

住居が大きくなるということは、電気を使う箇所が増え、
ガスや、水道を使う回数が多くなりますよね。

油断をすると、あっという間に、
水道光熱費が上がっていきます。

常日頃から、「点けたら消す」、「出したら止める」などを意識して、
節約を心掛けることをしなくてはいけません。

水道光熱費の節約は「意識」1つで、かなりの金額が違ってきます。

節約を心掛けることは、当然として、電気代を節約する方法は、
ブレーカーの「アンペア数」を落とすことです。

例えば、今設置されているブレーカーのアンペアが、
30アンペアだった場合、これを20アンペアにすることで、
基本料金が安くなります。

アンペアを下げることで、月にして数百円の節約ができます。
年間にすれば、大きな節約になりますよね。

しかし、アンペアを落とすことは、
当然、1度に使える電気の量が減少するわけですから、
ブレーカーが落ちやすくなるので注意が必要です。

都市ガスとプロパンガスの違い

電気、水道、ガスの公共料金は生活をしていく上で、必須になりますが、
水道、電気はどの地域であってもほとんど基本料金は変わらないですが、
ガスに限っては、「プロパンガス」と「都市ガス」とで、料金がかなり、
違ってきます。

「プロパンガス」と「都市ガス」を比較すると、
どのくらい料金が違ってくるのか?
私の経験上、3倍は違います。

プロパンガスの方が都市ガスと比較をして、「高い」。

同じ使用量でなぜ、こんなにも差が出るのかというくらいに、
プロパンガスは高いです。

そして、プロパンガスは地域によってかなり価格が異なります。
これは、例えるなら、自動販売機のような感じでしょうか。

同じジュースでも100円であったり、120円であったり、
ディスカウントショップで購入をすれば100円を切るような、
ジュースであっても自動販売機では、100円以上します。

つまり、プロパンガスは、業者が価格を自由に設定することができるので、
地域によってかなり価格の差が出てくるのです。

このため、プロパンガスの価格に対する相談窓口があるほどになっています。
悪質な業者ですと料金設定をかなり高くしているようです。

あなたが住む住居がプロパンガスであった場合は、
業者が自由に価格を設定することができるプロパンガスでは、
交渉をすることで、価格を安くすることができる可能性があるので
事前に地域のプロパンガスの相場を把握して、
基本料金と使用料金が相場に見合っているか確認をしましょう。

公共料金は節約をしようと思えばいくらでも節約をすることができます。