トップページ >各種手続き> 引っ越し先が他地域(住所変更手続き)

引っ越し先が他地域(住所変更手続き)

引っ越し先が他地域の場合における、住所変更手続きについて、
お話をしていきます。

手順としては以下のような手順になりますので、まずは、
手順をご確認ください。

1、旧住居(住所)の転出届けを準備する

2、新住居(住所)の転入届けを準備する

引っ越し先が他地域の場合における、
住所変更手続きに必要な手順は上記の手順のみです。

では、1・2それぞれにおける手順の確認をしていきます。

まず、転出届けですが、これは、今まで住んでいた住居(住所)を、
管轄している役所に提出をして、転出証明書をもらいます。
(転出届け用紙の書き方は役所にて確認できます)

転出証明書は、いつでももらうことができますが、
早くても、引っ越しをする2週間ほど前を目安にするのが良いでしょう。

転出証明書を取得後、新しい住居(住所)へ引っ越しをし、
新しい住居(住所)を管轄する役所にて、転入届を記載し、
転出証明書と一緒に転入届を、新しい住居(住所)を管轄する役所へ、
提出をすれば、新住居(住所)における住所変更手続きは終了です。

これらの手続きを行う際は、本人確認証(免許証や健康保険証など)、
印鑑(三文判で良い)が、必要です。