トップページ >物件選び> 住宅金融公庫融資賃貸住宅(物件)を借りる際のメリット

住宅金融公庫融資賃貸住宅(物件)を借りる際のメリット

住宅金融公庫(現 住宅金融支援機構)の融資によって建てられた物件は、
我々賃貸で住む側にとっては大きなメリットがあります。

どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

住宅金融公庫(現 住宅金融支援機構)の融資によって建てられた物件を、
賃貸する際には、次のような項目が条件とされています。


敷金は家賃の3か月分まで。

権利金や礼金、更新料の受領は禁止。

退去時における敷金の一定額の償却(敷引き)や、
自然摩耗分を含めた原状回復費用を入居者に負担させることを禁止

家財保険などへの強制加入や退去時の、
ハウスクリーニングの義務付けなど、
入居者の不利となる負担を求めることを禁止。


入居者にとっては、これらが大きなメリットとなります。

しかしながら、一部の住宅金融公庫物件ではこれらの条件が、
守られていないケースもあるようですので、あなたが、
住宅金融公庫物件に入居をする際には、契約内容をしっかり、
確認しておきましょう。

因みにあなたが入居をする際に物件が、住宅金融公庫物件であるかないかは、
不動産屋でも確認をすることができますし、実際に内覧に行った際、
住宅金融公庫物件であれば、建物のエントランスなどに、
その旨の表示がされています。